Love Lab BEAT!!!

11歳のラブラドールの男の子BEATとの大切な時間を綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビートが入院している南動物病院は、駐車場が12台ほどあるのですが、
私たちが9時ごろついたときには、もういっぱいでした。

なんと、動物病院の駐車場にガードマンが居るのです!!

駐車スペースではないところにも、車を止めるように、誘導してくれるのですが、
それでも、駐車場待ちの列ができるのです!!!
動物病院の駐車場待ち・・・そのような光景を初めて見ました。

それだけ、最先端診断と治療が出来ると評判なのですね。
南動物病院⇒http://www.vmn.jp/minami/

南動物病院から、毎日、ビートの様子をお電話で教えていただいています。
今は、ビートの様子を見つつ、1日おきに週3日(月水木)放射線治療を行っているそうです。

ビートはとっても甘えん坊で、いつも『遊んで遊んで』と、じゃれつくそうです。
そして…1度ケージから出してしまうと、『入りたくない!!』と大暴れ…(汗)
賑やかで楽しませてもらっています、とおっしゃってくださりました~(´Д`;)

おひるねビート
お気に入りのベッドでグーグー。お人形さんも一緒にどうぞ♪

家族で、1日のそういった報告を待ち望んで、『ふふっ♡』と喜んでいます。

家にもケージはあるのですが、解放されているので、静かに眠りたいときだけ、
自分で入って寝ていました。あとは、どこでもフリーです。
今の入院生活とのギャップがストレスに繋がらないといいのですが…。

あー早く会いたいな。会って、良く頑張ったね、とぎゅっとしてあげたい!


スポンサーサイト
ビートのためのブログなのに、本人(犬)は、今、家には居ません。

ビートはここ最近、左の鼻から、粘り気のある鼻水が出るようになりました。
たまに、血も混じっていて、最初は、鼻炎だろうなんて軽く思っていたのですが、
なかなか留まらないので、3月に入り、かかりつけの医者に連れていきました。

片方の鼻だけから出ているのは、腫瘍の疑いがあると言われ、
日本小動物医科学研究所付属がんセンターを紹介され、
13日にCT検査を行いました。結果は鼻腔腺内腫瘍、癌でした。

のんびりビート


肺やリンパ、脳に転移していれば、緩和治療により、余命数ヶ月。
転移がなければ、根治治療により、余命1年以上と説明されました。
結果が出るまで、そわそわして、何も手につきませんでした。怖かった!

結果は、転移なしでした。癌に打ち勝つための根治治療スタートです。
鼻腔の癌はうまく取り除くことが出来ないので、放射線治療により、
癌細胞を破壊し、小さくしたり、進行を遅らせます。
その最先端医療があるのは、三重県の南動物病院です。

うちは埼玉県ですので、かなり遠いですが、南先生にビートを託すことにしました。
少しでも早い方がいいので、3月24日の土曜日に三重入りしました。
1ヶ月の入院生活です。ビートは小さいころから、1日も外に預けたり、
一人ぼっちになったことがないので心配で心配で、胸が苦しくなります。

南動物病院
『帰りたいよー!!』とアイコンタクトが出来ないぐらい、そわそわ興奮状態。

入院してから、ビートの居ない家がこんなに寂しいものか、と
改めて存在の大きさを知りました。本当に寂しいです。

『今日も迎えに来てくれなかった』『僕は捨てられちゃったのかな』なんて
思っていたらどうしよう、とか、どうしてビートが!?と考えて、泣けてきてしまいます。
ビートが頑張って居るのに、私は何をやっているんだろう!?と情けなくなります。
ビートが帰ってくるまでに、癌を進行させないサプリやフードを勉強しなくちゃ!

ブログを立ち上げたきっかけは、先生に余命の話をされたことでした。
文章は上手く書けないけど、ビートと暮らせる素敵な日々を綴って、
形にしておきたい!!そう思いました。1日でも早く帰ってきて、
ここにお知らせできるといいのですが…。ビート、頑張って!!!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。