Love Lab BEAT!!!

11歳のラブラドールの男の子BEATとの大切な時間を綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日の夜、ごはんに手をつけないというハプニングがありました。
信じられない出来事です…!!!

あわてて、昨日、かかりつけの弁天の森どうぶつ病院に行ってきました。
結果はカイカイによる食欲低下と、軽い風邪だそうです。
(風邪は日曜がピークで、もう大丈夫だそうです。)
後の足にカイカイが出来ていました。今回のカイカイは湿気が大敵。
それなのに、川⇒シャンプーコースをしてしまったわたしです。
良かれと思ってしたことが、裏目に出てしまいました…。ごめんね、ビート

カイカイが足から一気に広がり、お尻の方まで真っ赤になってしまいました…。
またエリザベスカラー復帰です

昨日からまた食欲復帰し、ガツガツ食べてくれます、やっぱりこうでなくちゃ!
DSC06787.jpg
散歩のときだけはエリザベスカラー無しです。

ビートのかかりつけの病院は、この弁天の森どうぶつ病院なのですが、
ここで鼻の腫瘍を疑われ、がんセンターを紹介されました。
がんの治療はがんセンター、一般的な治療などは、かかりつけ医です。

これが本当にややこしいのです。
昨日は皮膚のカイカイにステロイド系の薬を処方されたのですが、
がんセンターでは、ホルモンバランスを崩している影響で、
体内のステロイドを抑制する薬が処方されています。逆ですよね…。

だから、かかりつけ医も『がんセンターでホルモン検査をして、
OKが出たら、投薬を始めてください』という感じなのです。

がんセンターはあくまでも、がんの治療機関であるので、
紹介状がないと診てもらえないし、一般的な治療はしてません。
だから仕方ないといえば仕方ないのですが、効率がすごく悪いです。

初めてがんセンターに行き、ビートがCTや病理検査をしたときに、
まだがんと診断されていなかったので、『止血剤(あのころは鼻血が出てた)は
かかりつけ医のところでもらってください』と言われた事がありました。
ビートに付いて居たかったけど、車を走らせて慌ててもらいに行きました。
病院なのに止血剤も出せないの!?おかしくない?と疑問を抱きました。

がんと診断されてからはある程度のことは診てくれますが、
これはどうにかならないものかと、思いますね。
長々と書いてしまいました~。すみません。

弁天の森どうぶつ病院の先生は細かい説明はもちろんのこと、
とても優しく、良い先生です。そして、料金がとても良心的。
エリザベスカラーも、新品を3000円でで貸し出ししてくれ、
返却するとお金も返ってきます。これは、どういった制度なんでしょう!?

最後にビートのいびきです!大音量です
どっかに大人のオヤジでもいるのかと思うぐらいです。
これを聞くと元気になります(笑)








動画、初めて載せてみました~見られますか~


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。